浮気・不貞行為が原因で離婚の場合の慰謝料と養育費の相場は?

浮気を原因として離婚に至った場合には多大な代償を支払うことになるのですが、それは精神的なものばかりでなく経済的にも大きな負担が掛かることになります。
そもそも離婚には不貞行為だけでなく性格の不一致をはじめ様々な理由があるもので、その中でも浮気を原因としたケースでは慰謝料や養育費の支払いが求められるというのはよく知られているところですが、相場としてはどれくらいの金額が支払われているのでしょうか。

 

まず慰謝料についてですが、これは離婚を招く不貞行為という原因を作った相手方より精神的な苦痛を受けた事と、不貞行為という有責行為を行った事に対する損害賠償請求で、双方の話し合いで金額が決まる場合があれば裁判所による調停や裁判まで話がもつれてしまうケースもあります。
そして慰謝料の相場についてですが、これに関しては一律で○○万円という金額の決まりがあるわけではなく、それぞれのケースで金額は大きく変わることになります。

 

統計では全ての離婚原因における慰謝料の平均は100万?300万円であるのに対して浮気の場合は150万?250万円ほどになりベースがやや高くなるのですが、金額を算出するためにはいくつかの要素が関係することになり、夫婦双方の過失の割合・給料や資産・婚姻年数・子供の人数・親権の有無などが関係しますので個々のケースにより金額は変わるのです。

 

続いて養育費についてですが、この費用は子供を学校に通わせて育てる上で必要な費用の事を指しており、単に学費だけを払えばよいというわけではなく、子供の生活費・交通費・医療費・文化費・娯楽費などを始めとして生活全般にわたる様々な費用が求められることになります。
養育費に関しても一律で金額が定められているわけではなく算定にあたっては計算式が用いられており、収入・子供の人数・生活扶助基準額・教育扶助基準額などを始めとする様々な要素で金額が決定します。
そして養育費の相場についてですが、統計ではおよそ毎月8万円ほどを支払うケースがもっとも多いようで、これは子供が成人を迎える20歳になるまで継続することになります。